門榊 姉埼神社の女神「帰らぬ人を待は嫌じゃ」と

かどかざり あねさきじんじゃの おんながみ 「かえらぬひとを  まつはいじゃじゃ」と

【門飾り】
姉埼(あねさき)神社(じんじゃ)には「(まつ)(きら)う」風習(ふうしゅう)があります。
姉崎神社(あねさきじんじゃ)女神(めがみ)(たび)()(おっと)(がみ)(かえ)りを()ちくたびれて「()つのはいやじゃ」といいました。「()つ」は「(まつ)」と(おな)(おん)のため、みんなは「女神様(めがみさま)(まつ)(きら)いなのだ」と(おも)い、神社(じんじゃ)境内(けいだい)には(まつ)一本も(いっぽん)なくなり、氏子(うじこ)正月に(しょうがつ)門松で(かどまつ)はなく(まつ)()わりに(さかき)使(つか)う「門飾かどかざりり(榊飾りさかきかざり)」をたてるようになり()した。